木造の耐震等級の基準は正しいのか?衝撃の真実から考えてみる!

耐震等級と安全性の解説 知られざる住まいの真実
北村美千代

数々の店舗、住まい、文化財の新築・修繕のプランを行う。自由度が低く、制限があればあるほど建物のプランを考えるのが楽しくなってくるという習性がある。プランを考えている時間が至福の時間。

北村美千代をフォローする

大きな地震があった後には、あなたも「我が家の耐震は大丈夫だろうか?」などと気になるのではないでしょうか。

ましてや、リフォームや新築を考えておられる方は、より耐震について気になるところだろうと思います。

ところが、こちらの記事で紹介したように、工法の耐震性を比較する実験では、耐震等級2をクリアした長期優良住宅の方が先に倒壊してしまうという結果になりました。

 

 

残念がら、その原因は未だに公開されていないのですが、空気がうまい家を作る(株)ハウス工房では、十分に考察する必要があると思っています。

 

今回は、動画を交えながら耐震について考えていきたいと思います。

 

なぜ、長期優良住宅が倒壊したにも関わらず、その情報は大きく取り上げられないのか?

芸能人の不倫騒動よりもずっと重要なことなのに…

そんなことにも迫っていきましょう。

 

 

そもそも、長期優良住宅の耐震等級2ってどういう意味?

長期優良住宅と耐震等級

 

長期優良住宅とは、耐震性はもちろんのこと、省エネルギー性やバリアフリー性、劣化対策性など様々な項目をクリアした住まいに与えられる肩書きのようなものです。

ここでは、耐震性について詳しく見ていきましょう。

 

 

長期優良住宅は耐震等級2以上でなくてはならない!

他の方法で長期優良住宅の肩書きを得ることも可能ですが、住まいのほとんどは、耐震等級2をクリアしてその肩書きを取得しているのが実際のところです。

 

では、どうすれば耐震等級2が取得できるのか?

壁面の量や基礎・接合部などの条件をクリアする必要があります。

特に、地震などの後には、接合部が問題だったと言われる報道も多く、メーカーなどは接合部のあり方に工夫を凝らしています。

そして、接合部には必ず金物を用いなければ、耐震等級2は取得できないようになっています。

 

図のように接合部分には、金物が用いられる建物が随分増えてきました。

住まいの構造の接合部

これらの金物の用い方についても、外側から金物を添える方法や内部に金板を埋め込む形のものなど様々なスタイルが用いられ、「地震に強い○○工法」という名前で販売されているのが現状です。

こうした様々な工法があるということは、絶対的な工法がまだ存在しないということになります。

 

 

なぜ、長期優良住宅が先に倒壊したのだろう?

地震と耐震のイメージ

地震の度に問題とされる構造の接合部分が、金物で補強されているにも関わらず、先に倒壊してしまった長期優良住宅。

なぜ、耐震等級まで定められている長期優良住宅が実験では倒壊してしまったのか?そんなところに疑問をもつ声もたくさんあります。

もちろん、私たちも疑問に感じるところでもあります。

 

では、こちらの動画を見ながら、最初にどんな問題があったのか見つけてみてください。


動画の最初の方で、柱と筋交い(斜めに配置された柱のようなもの)が折れて、吹き飛んでいる様子が見られたのではないでしょうか。

動画をよく見ると、接合部分の一部はしっかりと金物で固定されていることも分かります。

つまり、一部の接合部分が動くことができないために、地震で加わった大きな力は、柱や筋交いそのものにかかることになり、今回のケースでは、柱や筋交いが耐えられなくなり、折れてしまったと言えるでしょう。

後半の建物については、筋交いの量も二倍となり、安定感が増しています。

この動画から、耐震という観点で住まいを見ると、次のようなことが言えそうです。

 

  • 柱や筋交いなどそのものが弱いと折れてしまうこともある。
  • より安定させるには、柱や筋交いの量を増やした方がいい。

 

人間で例えるならば、足元を地面に固定して、膝も腰も絶対に動かないように固定した状態で、左右に大きな力を加えるとどうなるのか?

少し、残酷は話に聞こえますが、骨の弱い人から大腿骨などが折れて行くことは想像できるでしょう。

つまり、地震にも強いしっかりとした住まいにするには、

接合部分も重要ですが、木造建築の場合、木そのものが重要になるわけです。

 

 

木が折れたということは、木造建築が弱いってことじゃないの?

柱や筋交いそのものの強度と地震

動画で見る限り、木はやはり弱いように見えますが、あの木材が弱かったと考えていいでしょう。

その証拠に、世界で最も古いと言われる法隆寺は、一度焼失したのち、再建され昭和の大修理が行われるまでの間、約1000年もの間、建物として機能してきたのです。

 

そして、昭和の大修理に関わった宮大工は、予想外の結果にこんなことを言われたという話は有名です。

 

金堂や五重塔の木材はかなり傷んでいるように見え、ほとんど新しいものに変えなければならない。というのが大方の予想だった。しかし古びた柱を解体し、カンナをかけると「生のヒノキの香り」が漂うほど状態が良かったんだ。

実際に木材を差し替えたのは、軒などの雨風に直接さらされる部分がほとんどで、五重塔の場合、全体の3割程度で済んだんだ。

 

実際、あなたの家の近くにある神社仏閣も100年ほど経過しているだろうなぁと思われるものが多くあるはずです。

また、田舎に行けば、明治に頃に建てたれた古民家で生活されている方もみられます。

つまり、木を正しく扱えば、100年程度の年月は余裕で耐えられる住まいができるということが歴史的にも証明されているのです。

 

 

では、なぜ誰もが折れてしまった木材に注目しないのか?

そもそも、建築や設計について学ぶ方々は、構造や工法をメインに学ぶために、大きな地震があった時にも、構造や工法しか議論されない傾向になってしまうのです。

また、簡単に折れない、木として正しく扱われてきた木材というものも一般には見られなくなりましたから、技術だけでなんとかしようという風潮が高くなってきているのです。

 

そんな中で、正しく木を扱うことを議論に持ち出すと、経済活動に大きな影響も与えることになってしまうのです。

実際に、熊本の地震の際に、上のような写真がたくさん公開されましたが、国土交通省も大学の先生方も木材そのものの質についてはほとんど言及されませんでした。

 

山に全ての答えがある。

これまで、木材と耐震性について語ってきましたが、土砂くずれの際の山や地震が起きた後の山の様子が木の強さを教えてくれています。

木の根がめくり上がり、地面に露出するくらい大きな力が加わっても、木の根や根元がボキッと折れている様は、めったに見られません。

 

また、東日本大震災の際の、奇跡の1本松も木のそこ力を教えてくれています。

こうして、身の周りを改めて見つめると、技術に頼ってきた私たちがもう一度見直すべきものが見えてくるのではないでしょうか。

北村美千代

数々の店舗、住まい、文化財の新築・修繕のプランを行う。自由度が低く、制限があればあるほど建物のプランを考えるのが楽しくなってくるという習性がある。プランを考えている時間が至福の時間。

北村美千代をフォローする
LINE@でさらに住まいを知ろう!

本当にいい住まいってどんなものでしょうか?
実は、その答えをあなたは知っているのです。
私たちは長年住まいとともに生きてきたのですから。
ところが、近年、私たちは目先の技術に目を奪われ、原理原則のようなものを見失ってしまったのです。
LINE@では、忘れかけた原理原則を元に、情報をお届けします。せっかくの住まいだから、正しく学び、体で感じてから選びたい…そんな方はお楽しみいただけるはずです。

知られざる住まいの真実
空気がうまい家