つい仕事に集中してしまう部屋の全貌とは?

空気がうまい家のアトリエ 空気がうまい家の人
渋谷 浩一郎

住まいと人の成長は深い関わりがあるのか?そんなことを追求する元小学校教諭。住まいとアレルギーやアトピー、学力との関係にも注目している。現在、国内外の子ども達と関わりながら、住まいに関する書籍や冊子などの連載も行っている。要するに住まいのオタクである。

渋谷 浩一郎をフォローする

仕事をしているとあっという間に夜が来てしまった!

そういえば、お昼ご飯を食べるのを忘れてたなぁ…。

もし、それほど仕事に集中できていたとすれば、とても幸せなことです。

「空気がうまい家」を仕事場として新築された中村さんは、相当仕事に集中できるようになったの言われるのです。

一体、中村さんが新築された仕事場とはどんなものなのでしょう。

 

私は織物をしていますから、作品を展示したかったのです。

中村さんは、現代ではほとんど出会うことがない、織物の職人さんです。

刈り取っただけの羊の毛を染めたのちに、糸車で見事な手つきで糸を作られていきます。

そして、出来上がった糸で、様々な織物を制作されている職人さんです。

機械で糸を紡ぐこともできますが、それでは引っ張る力が強すぎてね、糸に十分な空気が含まれないんです。なんでもそうだけど、優しい気持ちで作ってあげたものは、どこかしら優しさみたいなものがが出てくるものですよ。

そんなことをいいながら、実際に羊毛が糸になる過程を見せてくれました。

これを他人が見て、簡単そうだなぁ…と思ってもらえるようになったら上手な人になった証だそうです。

糸の作りまでにこだわる中村さんには、生徒さんも多く、皆の作品が展示できるような場所が欲しかったというのが、この「空気がうまい家」のアトリエを新築する原点だったそうです。

 

理由はうまく言えないけれど、いいものはいい!ってわかりますよ。

空気がうまい家のアトリエで織物をする

私もモノ作りをしていますから、モノの良し悪しは、なんとなく感じます。

「空気がうまい家」の話を聞いたときには、それは絶対にいい!って感じました。

多くの人は、木に音楽を聴かせるなんて…って思われるかもしれませんが、人間も木も同じ生き物です。

木も人間と同じように大切にされて乾燥させられたら、きっと優しさが溢れてくるだろうなぁなんて思いました。

それは、織物の世界でも同じですしね。

モノ作りにこだわって来られた方の感性やモノの見方は、なんだかとても深いような気がしました。

子どもだって、優しい人に囲まれて育った子どもは優しく育つし、いつも怒ってばかりの大人に囲まれて育った子どもは怒りっぽく育つ…そんなこととも似ているのかもしれません。

 

施工が始まった時点で、空気がうまい家の良さは確信しました。

空気がうまい家の新築

施工するにあたり、当然、材料となる木材が運ばれて来ます。

この材料が運ばれて来てからは、家の周りが森になったような感覚です。

杉のいい香りが、駅から家に向かう道でも感じられるのです。

主人なんかこの香りが逃げたらもったいない!なんて言って、シートを被せていました。

それほど、気持ちのいい香りだったのです。

確かに、木の香りって気持ちがいいものです。

そして、不思議なことに、古い神社仏閣に行っても木のいい香りがする建物があるということ。

芳香剤などは、ある一定の期間が経てばなくなってしまうのに、木の香りは何年経っても残っているということ、そして、あの香りが嫌いっていう人がいないことが不思議です。

 

空気がうまい家にいることが気分転換になっているのです。

空気がうまい家のアトリエでの仕事

仕事を詰めてしていると、誰でも少し気分転換をしよう…って思うものです。

気分転換のために、少し買い物に出たり、ちょっとした用事を仕事の合間に敢えて入れてみたり…。

様々な工夫をされているでしょうが、中村さんはこう言われるのです。

羊毛を煮炊するのも私の仕事なんですが、羊毛ってもちろん最初は動物臭いんです。中には糞もついたままの羊毛もあるしね。

だから、今まではこれを煮炊していると、臭いなぁって思うこともあったんですけど、「空気がうまい家」では、不思議と臭いが残らないんです。

嬉しいのと、気持ちがいいのと…そんな風ですから、「空気がうまい家」で仕事を始めると、外に出たくなくなってしまうんです。

 

実際の中村さんの「空気がうまい家」のアトリエ。

あなたは、この写真から、空気の良さを感じることができるでしょうか。

本当なら、ここの空気をお届けしたいくらいです。

実際に、「見学に行きたい」という方は、LINE@に登録をしてメッセージをください。

渋谷 浩一郎

住まいと人の成長は深い関わりがあるのか?そんなことを追求する元小学校教諭。住まいとアレルギーやアトピー、学力との関係にも注目している。現在、国内外の子ども達と関わりながら、住まいに関する書籍や冊子などの連載も行っている。要するに住まいのオタクである。

渋谷 浩一郎をフォローする
LINE@でさらに住まいを知ろう!

本当にいい住まいってどんなものでしょうか?
実は、その答えをあなたは知っているのです。
私たちは長年住まいとともに生きてきたのですから。
ところが、近年、私たちは目先の技術に目を奪われ、原理原則のようなものを見失ってしまったのです。
LINE@では、忘れかけた原理原則を元に、情報をお届けします。せっかくの住まいだから、正しく学び、体で感じてから選びたい…そんな方はお楽しみいただけるはずです。

空気がうまい家の人
空気がうまい家