暗い話題であるが「シンナー」が分かりやすい。

あなたもご存知の通り、シンナーを吸うと、 脳の機能がおかしくなります。

つまり、前の記事でもお伝えしましたが、

物質が神経を通って、脳に運ばれるために起きる現象です。

写真は掲載しませんが、シンナーによって、

脳の物質的な量が明らかに減少している報告はたくさんあります。

つまり、においの素は目に見えないだけで「物質」であります。

 

新築のマンションで何かにおいを感じませんか?

新築の場合、マンションでも戸建てでも、

「新築のにおい」というものがほとんどの物件で感じられます。

つまり、建物の成分が、 鼻から入って脳に運ばれたことと考えていいでしょう。

 

重要なのは「新築のにおい」(物質)の正体

新築のにおいの正体は、 接着剤などの化学物質です。

接着剤は、物と物の間に入り込み、 揮発していく中で硬化が進み、

物と物とを接続するという仕組みが基本的です。

クロスを貼る際の接着剤も同様です。

 

つまり、「新築のにおい」を感じるということは、

接着剤の成分を鼻から入れ、脳へ運んでいる ことになるのです。

新築のマンションで生活をはじめられた時、

「新築のにおい」が感じられるようであれば、

あなたの脳に接着剤の成分が運ばれたことになるのです。

この現象は、人間にとって不利益であることは、 言うまでもありません。

ですから、個人差はあるものの、

  • 鼻がムズムズする。
  • 目が変に痒く、時々痛みを感じる。
  • 身体がだるく、頭痛で辛い。

こんな症状が見られる可能性も十分にあります。

あなたの住まいはいかがでしょうか?

部屋を見渡してみてください。

壁面にはクロスが貼られ、 床は綺麗なフローリング。

これら全てに接着剤が用いられています。

こうして改めて見つめると… 怖い、いやもはや恐怖ではないでしょうか。

私たちは、接着剤(化学物質)に囲まれて、生活をしています。

特に、新築の場合は揮発がさかんに行われていますから、

これらの物質が蔓延しているということになります。

これらが脳へ運ばれるために、 脳の機能が正常に活躍できなくなると考えられます。

クラウディア・S・ミラー博士は、

これらの物質が体内に入ると、その量が微量であっても

症状を誘発する可能性がある。

と、述べています。

 

まとめ

新築のにおいの正体は建材に含まれる化学物質である。

においを感じるということは成分が鼻から入り、脳へ運ばれた。

私たちの住まいは、化学物質に囲まれている。