『空気がうまい家』の新築工事が始まりました!2017年11月15日

ハウス工房の『空気がうまい家』の新築工事が始まりました!
数軒先の道路付近まで「音響熟成木材」の良い香りが立ち込めて道行く人も和ませています。
お天気も味方してくれて清々しい空気の中で順調に進んでいきました♫
最近は機械化も進み、プレカット…と言って柱や梁などの材料は工場で加工しますが、
組み立てるのは、大工さんの技術で進められていきます。
「人のぬくもり」が「音響熟成木材」に伝わって「ヒトの住まい」が出来ていきます。

「音響熟成木材」は、九州の飫肥地方の杉でできています。
飫肥杉は一般的な杉の2倍近く油分が多く含まれていて38度の常温でジワジワ乾燥されるので
断面もこんなにシットリしています。
細胞が破壊されていないので地震にも強く住むヒトをシッカリ守ってくれます。

夕方には屋根も張り終えて無事に上棟は完了しました。
今からワクワク完成が楽しみです♫

この記事を書いた人

北村
北村
「幻の漆喰」「音響熟成木材」「清活畳」を使った「空気がうまい家」を提案そています。プランニング担当。 祖父は大工、母はインテリアコーディネーターという環境で育ち、この仕事は天職だと思っています。お客様のライフスタイルに合わせた間取り作りにかけては誰にも負けない自信があります。 町田ひろ子インテリアコーディネーターアカデミー卒業、積水ルーミングを経て、株式会社ハウス工房へ。