木材の節は隠すべきか?飽きないモノに共通する秘密とは!

暮らしを楽しむ
北村美千代

数々の店舗、住まい、文化財の新築・修繕のプランを行う。自由度が低く、制限があればあるほど建物のプランを考えるのが楽しくなってくるという習性がある。プランを考えている時間が至福の時間。

北村美千代をフォローする

あるハウスメーカーの住宅の完成見学会に行ってきました。

さすが、新しくできた家は綺麗で、お洒落な雰囲気も漂っています。

無垢材をふんだんに使った住まいなので、私の好みでもあります。

内覧をさせてもらっていると営業の方が話し掛けて来られました。

お兄さん
お兄さん

いいお家でしょ。贅沢な材料もたっぷりと使っていますしね。

木の節が多い木材は、収納など目立たないところに使って、節の少ない木材を玄関に用いるような工夫もしていますから。

 

確かに、木の節は色が濃く、「汚れ」の様に見えるかもしれません。

けれど、木の節ができるだけ目立たない様に配慮する必要がるのかなぁ…と思ったのです。

木の節があるからこそいい! 節があるからこそ飽きない!

今ではそう思っています。

今日は、私がそう考える様になった経緯をご紹介します。

 

一切、汚れがなく綺麗なものを集めてみました

一切、汚れがなく綺麗なものを集めると言っても、脳裏で集めて見れば十分です。

  • 真っ白な紙・洋服・綺麗な会議室
  • 新車・コンビニの床…など

まだまだ他にもあるかもしれません。

真っ白な紙と繊維が見える和紙をみる

ここでは、一番分かりやすい「真っ白な紙」を良く見てみましょう。

あなたは「真っ白な紙」を眺めていて楽しかったでしょうか。

私は、残念ながら1分も眺めている事ができませんでした。

確かに、汚れや余計な模様などがありませんでしたから綺麗だと言えそうです。

けれど、単調でつまらないのです。

 

一方、和紙を見ていると、案外楽しいものです。

和紙には、上の様な繊維が目に見える形でランダムに入っています。

 

この繊維を汚れの様に見えると言えばそうかもしれませんが、真っ白な紙より繊維が見えることで楽しさや神秘性の様なものを感じることができます。

 

コンピュータで書かれた文字と「書」の世界。

コンピュータで書かれた文字(例えば、MS-明朝体)などは、綺麗な文字です。

誰が見ても読みやすく、一切の無駄が無い文字なのかもしれません。

一方、「書」の世界は謎だらけです。

作品よっては、文字がかすれていたり、紙に墨が滲んでいたり、墨の飛沫が上がり紙が明らかに汚れてしまっているものもあります。

文字の形やバランスを見ても、小学校の「かきかた」の授業の視点から言えば、「バランスが乱れている」と言われても仕方のない様な文字が書かれた作品が多数あります。

そんな「バランスが乱れている文字」なら自分でも書けるはずだ!と思った事がある人もいるのかもしれません。

ところがバランスが乱れ、かすれていても、優れた作品というのは、飽きがこないものです。

今日見ても、明日見ても、来年眺めても…なにがいいのか表現仕切れないけれど、「なんかいい」のです。

綺麗で機能的な文字、コンピュータのMS-明朝体を見て、あなたは「あぁ、やっぱり明朝体っていいなぁ…」としみじみ思うでしょうか。

 

長く愛されているものってどんなものがある?

生活必需品ではないけれども、長年多くの人に愛されてきたものをみると、和紙の繊維が見える良さや書の汚れや滲みの良さがもう少し深く見えてくるだろう…そんな事を思ったのです。

ルパン三世は50年も愛されている!

http://ill.nezumi-ya.net/  より

アニメ・ルパン三世は、2018年で誕生50周年を迎えました。

生活必需品でもないのに、世代を超えて愛され続け、今もなお愛されています。

なぜ、ルパン三世は愛され続けているのか?

ルパンは、泥棒ですから悪い奴なのかもしれませんが、一概に悪い奴とも言い切れません。

賢い側面もありながら、ドジなところもある。

とっつぁんは、ルパンを捕まえるのが仕事なのに、なぜかルパンを愛している様にも見えます。

つまり、悪い奴だけどいい奴。嫌いなのに好き。

相反するものが複雑に混在しているために、飽きないのではないでしょうか。

 

ビールや日本酒もずっと愛され続けている。

ビールやお酒を子どもの頃に少し舐めてみたという人は多いと思います。

けれど、苦く、香りも独特で決して「美味しい」とは感じなかった事だろうと思います。

それでも、

「喉越しがたまらないんだよなぁ…」

「このツマミがあると、お酒が欲しくなるよなぁ…」

という様な会話は、百年以上され続けているのではないでしょうか。

苦いけれど、美味しい。

ここにも複雑性を感じることができます。

 

北原白秋の詩「落葉松」からも複雑性を感じることができる。

北原白秋は、明治から昭和にかけて活躍された詩人、歌人です。

ところが、現代でも北原白秋という名前を知っている人は多くいます。

今もなお、中学校の教科書に詩が掲載されています。

からまつの林を過ぎて、

からまつをしみじみと見き。

からまつはさびしかりけり。

たびゆくはさびしかりけり。

(中略)

世の中よ、あはれなりけり。

常なれどうれしかりけり。

山川に山がはの音。

からまつにからまつのかぜ。

詩の全てを引用していませんが、この部分だけを見ても、「寂しいけれど清々しい」とか「悲しいけれど希望がある」などといった複雑性を感じる事ができるはずです。

 

こうした視点で、長く愛され続けてきたものをみると、一見、矛盾している様なものが混在している様に感じるのです。

 

木材に使われる木の節目は邪魔ものだろうか?

改めて見ると「節」だらけの床ですが、気になるでしょうか。

改めて見ると「節」だらけの床ですが、気になるでしょうか。

「節だらけの木」などという言葉は、良くない木というイメージで使われてきた様に思います。

ところが、和紙の繊維・滲んでしまったりかすれてしまった書・ルパン三世・お酒など…を見ると私たちは、矛盾するものが混在する複雑なものが好きな傾向が強いことが分かります。

こうして、木材の節の部分だけを見ると、他の部分より黒く「汚れの様だ」と見ることもできるかもしれませんが、「書」の飛沫の様なものだと見ることもできそうです。

もちろん、今の印刷技術は優れていますから、邪魔だと言われる節を除いた木目を綺麗に印刷をして床材として利用することも可能です。

節や木目がほとんど見えないモダンな雰囲気のリビング

節や木目がほとんど見えないモダンな雰囲気のリビング

ところが、そうして作られた空間は、ただ綺麗という印象で終わってしまいます。

ところが、「汚れにも見える」と言われる木の節も自然に使うことで、矛盾を生み出すことができるのではないでしょうか。

汚れている様に見えるけれども味わいがある。

 

私たち人間も、誰もが順風満帆に生きることができればどんなにいいだろう…なんて思うかもしれませんが、深く付き合っても常に魅力的な人はどんな人か。

きっと、余計で邪魔だと言われる「節」がある様な生き方をされてきた人に味わいがあるはずです。

少し余計な事をし、失敗したなぁ…なんて思う日には、余計な節が一つできたのかもしれない。

一人でこっそりそう思う様にしているのです。

 

まとめ

「木の節目を隠す」そんな話から、本当に木の節目は隠す必要があるのか?

そんな事を考え、綺麗なものや長く愛されてきたものをまとめてみました。

長く愛されてきたものに単純なものは少なく、矛盾する二つが混在している様に思います。

  • 真っ白な紙と繊維の見える和紙
  • コンピュータの書くMS-明朝体と一見、汚い字と思われる「書」
  • 北原白秋の「落葉松」という詩

他にも様々な例を挙げてみましたが、いつまでも飽きない住まい、愛し続ける住まいが理想だと思われるあなたは、長く愛されてきたものに注目してみてはいかがでしょうか。

きっと、相反するものが混在しているはずです。

こんな事を考えているとランダムに存在する木の節、木目の存在は不思議なものだと思うと同時に人間の感性にも不思議さを感じます。

 

北村美千代

数々の店舗、住まい、文化財の新築・修繕のプランを行う。自由度が低く、制限があればあるほど建物のプランを考えるのが楽しくなってくるという習性がある。プランを考えている時間が至福の時間。

北村美千代をフォローする
LINE@でさらに住まいを知ろう!

本当にいい住まいってどんなものでしょうか?
実は、その答えをあなたは知っているのです。
私たちは長年住まいとともに生きてきたのですから。
ところが、近年、私たちは目先の技術に目を奪われ、原理原則のようなものを見失ってしまったのです。
LINE@では、忘れかけた原理原則を元に、情報をお届けします。せっかくの住まいだから、正しく学び、体で感じてから選びたい…そんな方はお楽しみいただけるはずです。

暮らしを楽しむ
空気がうまい家