仕事にこだわる

仕事にこだわる 仕事にこだわる

「いい仕事」って、

私たちがお客様にとっていいなぁ…と思うことに

こだわることじゃないかなぁって思います。

けれど、「こだわる」って本当は勇気がいること。

こだわればこだわるほど、

賛成してくれる人も出てくるけれど、大反対の人も出て来ますから。

でも、どんなに多くの人に反対されても、

私たちがいいなぁと思ったことにはこだわりたいのです。

仕事にこだわる

えっ?工場で作られた家が運ばれている?ユニット工法の特徴

家がトラックで運ばれているのを見た事はあるでしょうか?工場である程度家を作って、現地で組み立てる工法をユニット工法といいます。このユニット工法には、どんな特徴があるのでしょうか。
仕事にこだわる

密かにブーム!近年畳が見直されてきている理由とは?

畳が密かに見直されてきている様に感じます。なぜ、畳は見直されてきたのでしょうか。そして、どんな畳が理想的なのか?空気がうまい家で用いている畳についても紹介しました。
【読み物】自然の営み

なぜ、木造建築に杉が使われるのか?そして杉のもつ性質とは?

なぜ、日本の木造建築物には「杉」がたくさん使われるのでしょうか。また、「杉」にはどんな特徴があるのでしょうか。
【読み物】自然の営み

木材の節は隠すべきか?飽きないモノに共通する秘密とは!

いつまでも飽きの来ない家で暮らしたい。誰もがそう願います。綺麗でスッキリした家が理想的かもしれませんが、意外とそうではないという事を木の節が教えてくれました。
仕事にこだわる

住まいの材料を作るメーカーから見たいい住まいとは?

フローリング材などの住まいの材料を制作しているメーカーは、「住まいの新しい文化を作りたい」とのこと。それは一体、どんな文化なのか?
仕事にこだわる

大工は作業員ではない!仕事のやりがいは気遣いをすること!

大工さんはどのような仕事をしているのでしょうか。技を磨くことはもちろんですが、ちょっとした気遣いをすることが一番のやりがいだそうです。
仕事にこだわる

新築やリフォームで電気配線をする業者が語る理想の住まいとは?

一番理想的な住まいって、電気も要らない自然の明かりだけで生活できる住まいじゃないかなぁ…。まぁ、それは現実的でもないし、【続きを読む】
仕事にこだわる

設計士が語る理想の家とは?素材さえも愛してしまう家を建てたいです。

設計士が理想とする家と言えば、なんだかモダンで特別オシャレな印象があるかもしれません。ところが、設計士さんに話を伺うと、重要なのはデザインや見栄えではないと言われるのです。では、何が重要なのでしょうか?
仕事にこだわる

リビングに階段がある間取りがいいけれどデメリットも心配です。

家を新築したり、リフォーム・リノベーションをしたりするとなると、どんな間取りがいいのか、あなたも真剣に考えることでしょう【続きを読む】
仕事にこだわる

マイホームの間取りで失敗したと聞きますが、なぜそんな事が起きるのか?

マイホームを建てられた方から「間取りに失敗した」という言葉を聞くことがあります。何度も打ち合わせをしたり、イメージしたにも関わらず、間取りに失敗してしまうのはなぜでしょうか。