コロナをきっかけに家づくりを考える【公衆衛生学の教授に訊く】

未分類
スポンサーリンク
九谷田 義之

不動産・施工に関するお金に詳しい人。同じ費用をかけるなら本当に重要なところに費用をかければいい。削減できるところは削減も惜しまない。なぜかお客様の子どもに愛される。

九谷田 義之をフォローする

コロナをきっかけに、私たちの暮らし方は大きく変化しました。

また、ハウスメーカーも住設機器メーカーをコロナを機に大きく仕様が変更されたものもあります。

基本的には、ウィルスを妨げる・除去するという考え方がより全面に打ち出された印象を受けます。

実際にどの様な変更があったのか、詳しくは健康的な生活を送るために知っておきたい人の力【生活習慣を考えるヒント】で紹介しています。

健康的な生活を送るために知っておきたい人の力【生活習慣を考えるヒント】
誰もが健康的な生活を送りたいと考えるものです。2020年以降はコロナの影響もあり、住まいづくりにも変化が出てきました。実際にどの様な変化が生まれたのか?そして、これから私たちはどの様な暮らし方をして行けばいいのか、自然の力を大切にするという視点で解説しました。

 

ところが、人類の歴史を遡っても、現代の私たちの暮らしをみても、「妨げる」「除去」するという発想に疑問を感じる人も多いでしょう。

お姉さん
お姉さん

おたふく風邪は、おたふく風邪になるから免疫ができるんでしょ。

そう考えたら、何でも除去するのがいいとは思えないの。

この辺りは、とても難しい問題なので、公衆衛生学の教授(烏帽子田 彰名誉教授)の話を交えながら、今一度考えてみたいと思います。

健康は医師や薬が作るものではなく、人々が生活する場で創られる

住環境が非常に重要

ということです。

これが、どういうことなのか詳しく解説します。

 

海外旅行でも分かる!人は環境に応じた身体になっている

海外旅行の経験がある、ないに関わらずこんな話を聞いたことがあると思います。

海外旅行先で生水を飲むとお腹が痛くなる

日本の水道水は、まだまだ様々な問題があるとはいえ、世界レベルで見ると、非常に質の高い水です。

十分に濾過され、塩素によって消毒までされた水と共に生きてきたましたから、この水に対応した身体になっています。

ところが、海外に行くと大抵、日本の水道水とは性質の違った水になるために、身体が上手に対応できないという状態が起きます。

さらに、インドでは、ガンジス川に小さな子からお年寄りまで沐浴すると言われています。

歴史的にも有名な川ですが、残念ながら川の水は非常に汚く、日本の私たちが入ると湿疹ができる・下痢をするなどなんらかのトラブルはおきると言われています。

それでも、インドの人がガンジス川で沐浴する理由は、宗教的な側面と健康的な側面があると言われています。

  • (宗教的)自分のもっている罪を川で洗い流す
  • (健康的)衛生的ではない川に入ることによって丈夫な身体を手に入れる

古くからこの様な考え方があり、現在も多くの人がガンジス川で沐浴をするそうで、沐浴場もあるとのことです。

 

ほんの一例ですが、この様な話からも

私たちの身体は環境に応じた身体になっている

ということが分かります。

だからと言って、敢えて不衛生極まりない生活をしよう!という訳ではありません

こうした人としての基本的な性質を念頭に起きながら、これらかの暮らしを考えることが大切だということです。

 

公衆衛生学の教授によると人はウィルスと共に生きてきた!

Realistic biological microorganisms collection with bacteria viruses germs and medical icons vector illustration

歴史的にウィルスの誕生を調べると、様々な説がありますが、いずれも「数万年以上前」からあると言われています。

公衆衛生学の教授(烏帽子田 彰名誉教授)は、対談で次の様なことを言われています。

最近の研究で、ヒトの遺伝子の40%近くはウィルスからきたと判ったのですが、今後もヒトとウィルスは、「攻めぎあい」と「ほどほどの緊張関係」を保ちながら共存し、未来に向かうと思われます。

SAIN 公衆衛生学の専門家に聞くより抜粋

これまでの、ウィルスとヒトの関係を見ても、つかず・離れずの関係が感じられるはずです。

また、あるウィルスを人類は克服した!となっても数年後には、また新たなウィルスに出会うということは、確かに繰り返されてきました。

ウィルスもまた、環境に応じて適宜変化していることが分かります。

また、近年の環境の変化に伴い、虫もどんどん強くなってきています。

詳しくは、ヒアリの特徴は進化!ヒアリの日本上陸から私たちが学ぶべきことも参考にしてください。

ヒアリの特徴は進化!ヒアリの日本上陸から私たちが学ぶべきこと
ヒアリが日本に侵入したということで環境省は注意するよう発表しました。一体、ヒアリはどんな特徴をもっているのでしょうか。その驚異的な性質から私たちが学ぶべきこととは何でしょうか。ヒアリは大切なことを私たちに教えてくれているように思うのです。

 

こうした変化を踏まえると、問題点を除去することも大切ですが、自分自身が強くなるということも大切です。

さらに、公衆衛生学の教授(烏帽子田 彰名誉教授)は、興味深い話をされています。

 

免疫力を高める為の意外な盲点が「住環境」

空気がうまい家®︎

空気がうまい家®︎

当然ですが、免疫力は高い方がいいです。

では、どうすれば免疫力が高まるのか、公衆衛生学の教授(烏帽子田 彰名誉教授)をまとめます。

  • 適度な運動をして血行をよくする
  • カルシウム・マグネシウム・鉄・ビタミンなどを摂取することを心がける

ここまでは、一般的ですが…

意外や意外な盲点が「住環境」です。

SAIN 公衆衛生学の専門家に聞くより抜粋

と言われています。

どういうことかと言うと、

新建材を使った住空間は体温を下げてしまう

体温が下がると免疫力が低下する

ということです。

なお、本記事で紹介している公衆衛生学の教授(烏帽子田 彰名誉教授)の対談が書かれた冊子(SAIN)は、ご希望があれば、無料でお届けいたします。LINE@または、お問い合わせよりその旨をお知らせください。

 

新建材とは?新建材を使った住空間で体温が下がる。

新建材でつくられた空間

新建材とは?
人工的に作られた建材のことで、具体的には、ビニルクロス・合板(複合)フローリング・集成材・人工大理石などが新建材と呼ばれる。現在では、住まいの素材を意識しなければ、新建材でできた住まいで生活をすることになることがほとんどである。

烏帽子田彰名誉教授は、さらにこう言われています。

サーモグラフィーを使った実験を行ったことがあるのですが、新建材を使った住空間は人の体温を下げてしまいます。体温が下がると、免疫力も落ちてしまいます。また、室内の「乾燥」にも注意が必要です。

SAIN 公衆衛生学の専門家に聞くより抜粋

あなたもなんとなく、そう感じるのではないでしょうか。

実際に行われた調査で子ども達の熱の平均値を出しても年々低下していることが分かります。

1935年37.2
1960年37.1
1980年36.3
1995年36.2

という結果になっています。

要因は、新建材だけではありませんが、建材も一つの要因になっているのではないかと私は考えています。

また、年中を通して室温が一定に近い環境も影響しているのではないかと推測しています。

詳しくは、新築やリノベーションでコスパよりも重要なこと【心理の影響】もお読みください。

新築やリノベーションでコスパよりも重要なこと【心理の影響】
新築やリノベーションをする時に、最近では、温熱環境(断熱性・気密性)の話題が多く出てきます。もちろん、大きな費用をかけることなので、「断熱性を高めて、光熱費を抑えていきたい」と誰でも考えます。私もそれはとても重要なポイントだと考えていますが、実は、コス【続きを読む】

 

いずれにしても、低体温になってしまうと、

  • 病気にもかかりやすくなる
  • 集中力の低下につながる

ということは明らかになっているので、ここは、なんとしてでも避けたいところです。

では、反対に自然のものでできた建材(無垢材・漆喰・土など)で生活をするとどうでしょう。

 

無垢材の住まいは、心拍数が上昇しにくい

以前から、木には様々な良さがあるだろうとして様々な研究がされてきました。

たくさんメリットがるのですが、

  • 無垢材の空間で過ごすと免疫力が向上する
  • 心拍数が上昇しにくく、リラクゼーション効果が高い

などのことが、森林総合研究所の調査・研究で明らかになっています。

詳しくは、疲れを感じたら近くで森林浴をしよう【少し歩くだけで効果は絶大】を参照してください。

疲れを感じたら近くで森林浴をしよう【少し歩くだけで効果は絶大】
リモートワーク化が進み、便利になった一方で「疲れ」を感じるという声も増えてきました。なぜ、疲れを感じるのか?そしてこの問題を解決するのに森林の近くを歩けばよいという理由を解説しました。

現代は、圧倒的に新建材の住まいが多く、自然な素材を使った住まいの効果が信じがたい状況になっていますが、人類の長い歴史でみると、新建材の住まいで生活をした期間はごく僅かです。

この視点で見ると、自然にあるものに囲まれて生活した方が、人が本来もつ能力が引き出せると考えるのが自然ではないでしょうか。

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

たまに泊まる空調が完備されたビジネスホテルも快適ですが、やっぱり家に帰るとしみじみといいなぁ…と感じます。

スポンサーリンク
九谷田 義之

不動産・施工に関するお金に詳しい人。同じ費用をかけるなら本当に重要なところに費用をかければいい。削減できるところは削減も惜しまない。なぜかお客様の子どもに愛される。

九谷田 義之をフォローする

空気がうまい家のラインアット

人・動物・植物の全てが
過ごしやすい社会が理想

より自然な暮らし・住まいづくりに関心のある方は、気軽に登録してみてください。

 

私たちが施工している空気がうまい家の施工事例の一部をこちらで紹介しています。

施工事例を見る

ハウス工房にメールを送ってみよう

本当は、自分も子どもにも
もっと自然に触れながら生きて欲しい。
そんな願いをもった方と仲間になれたら嬉しいです。
私たちは小さな工務店ですが、
施工する・しないよりも、
「自然を見る」大切さを伝えていきたいのです。

友達にちょっとおしゃべりをするかのように
ブログの感想やあなたの考えをお聞かせください。

未分類
スポンサーリンク
空気がうまい家