【食の安全ニュースから】安心して使えるものを選び抜く方法

暮らしを楽しむ
九谷田 義之

不動産・施工に関するお金に詳しい人。同じ費用をかけるなら本当に重要なところに費用をかければいい。削減できるところは削減も惜しまない。なぜかお客様の子どもに愛される。

九谷田 義之をフォローする

あなたもきっと、キムチは大好きだと思います。

ところが、残念ながらこんな報道がありました。

中国の工場で製造され韓国で販売されているキムチが極めて不衛生な環境で、賞味期限を過ぎた食材で作られていた事が分かりました。中国で作られている日本向け製品の調査さを欠かす事は出来ないですね。

えっ!今更? こういう報道って時々あるじゃない。

あなたもそう感じたかもしれませんが、中国や韓国が悪いって話がしたいわけではありません。

この機会に、

安心して使えるものを選ぶためにできること

を考えてみたいのです。

 

食の安全ニュースから…安心して使えるものを選び抜く方法

食の安全性はここ数年でかなり重視されるようになってきました。

また、衣類も「オーガニックコットン使用」という言葉が随分普及してきました。

さらに大手住宅メーカーも「安心な空気」をテーマに施工されるようになってきました。

つまり、これまでは、とにかく「あればいい」という社会でしたが、これからは質が重視されるのだろうと思います。

 

となると、

先に紹介したキムチの問題は、本当にそうなのか?と一歩踏みとどまることも大切です。

何より、私たちがより良いものを見極める目をもつことが大切になってきます。

では、どうすれば、質でさえも見極められるようになるのか?

 

自分が体験することで確実に多くの発見が得られる

例えば、魚釣りが大好きな方は、

魚屋さんに並んでいる魚を見れば、大抵どれが良い状態のものが分かる

と言われます。

 

と言うことは、質の良い食品に出会いたいと思うのであれば、自分で何か作ってみることが大切です。

もちろん、漁に出て、持ち帰って刺身にするなんてことは大変です。

けれども、時にはパンを捏ねてみる・魚を自分で下ろしてみる・キムチを漬けてみる…こんなことならできそうです。

当然それには、一手間かかります。

さらに、失敗してしまうこともありますが、YouTubeなどを見てやり方を知っているのと実際に一度でも体験したのとでは、発見に雲泥の差が出てきます。

 

体験が難しいものは、生産者の生の声を聞く

実際に生産をしている方の話を直接聞くのも勉強になります。

近くの農家の方がこんな話をしてくださったことが印象深く頭に残っています。

 


みんなは、虫が食べた野菜を見て、無農薬で安全な野菜でおいしい!って思っているだろうけど、本当はそうじゃないんだ。

もちろん、無農薬ってところは大事にしたいけれども、虫に食べられた野菜っていうのは、虫にやられてしまうくらい弱り始めた野菜ってみた方がいいと思うんだ。

野菜は虫に食べられ始めると、なんとかして自分を守ろうとするから、少し食べられると苦味を出し始めるんだ。

だから、おいしい野菜って本当は、虫に食べられていない野菜なんだよなぁ…。

時々、おもしろい人がいて、あの虫食いの苦味が好きだって人もいるけどなぁ。


 

きっと、この様な話をネットで見ても記憶に深く残っていないと思います。

実際に生産されている方が、とれたての野菜を持ちながらこんな話をしてくれたので、深く心に残っているのでしょう。

 

良いものを見極めるには、次のことが大切だと言えそうです。

  • 体験してみる
  • 実際に会いに行ってみる

この二つは、そりゃ当然だろう!って思われるかもしれませんが、実際に行動に移す方は少ないものです。

だからこそ、ここであなたがもし、小さな一歩でも踏み出せば、それはより大きな価値になるのです。

 

誰だって大事なものほど質にこだわり、良いものを選び抜きたい!

本当は、身の回りにあるもの全て、自分で作る経験をしたり、生産者に会ってみるのが理想的かもしれません。

ところが、そんなことは現実、不可能です。

だからこそ、あなたがこれだけは絶対にこだわりたいとか、生涯大切にしたいというものがあれば、体験をしたり、生産者に会って目を肥やすことが大切だと思うのです。

 

例えば、空気がうまい家®︎のアトリエで仕事をされている方に、羊毛から糸ができるまでの様子を見せていただきましたが、衝撃的でした。

今更ながら、糸ってこういうものなんだ…って改めて感じたのです。

 

住まいの材料が生産されている過程も全てオープンにしています

あなたが住まいを建てるとなると、ずっと大切に使いたいと思われるはずです。

だから、空気がうまい家®︎を建てたい…と言われるお客様には、建材がどうやって作られ、どの様にして自分の家になるのか、全てを知ってもらうようにしています。

世の中には、たくさんのハウスメーカーがありますが、住まいに使われる材料の詳細まで、自分の目で確かめることができるメーカーが他にあるでしょうか

空気がうまい家®︎に使用している木材は、自然のままのものですから、建材を作っている現場に行っても、煙突1本もありませんが。

 

まとめ

あなた自身が自信をもって、これはいい!と言えることってとても大切だと思います。

その自信を手に入れる方法は、たくさんの資料を読むことだけではありません。

あなた自身の目や耳、肌で感じることがとても大切だと思うのです。

大ヒットした作品「宇宙兄弟」にもこんな一節があります。

知りたいことのおおよそ半分は ネットや本で調べればわかることだ どこにも載っていない「もう半分」を知るためには…… 自分で考え出すか 経験するしかない

宇宙兄弟より

 

質が良いものについてはこちらの記事をお読みください。

経年美化するものとは?質の良い住まいやものが私たちにもたらすもの
普通新しいものが良いものという風に見えるかもしれません。ところが、年数が経過する程、味わい深くなるものがあります。それが「経年美化」するもの。経年美化するものは私たちにどんな影響を与えるのかまとめました。
スポンサーリンク
九谷田 義之

不動産・施工に関するお金に詳しい人。同じ費用をかけるなら本当に重要なところに費用をかければいい。削減できるところは削減も惜しまない。なぜかお客様の子どもに愛される。

九谷田 義之をフォローする

他の生活や住まいの記事を読むにはこちらから

ハウス工房にメールを送ってみよう

本当は、自分も子どもにも
もっと自然に触れながら生きて欲しい。
そんな願いをもった方と仲間になれたら嬉しいです。
私たちは小さな工務店ですが、
施工する・しないよりも、
「自然を見る」大切さを伝えていきたいのです。

友達にちょっとおしゃべりをするかのように
ブログの感想やあなたの考えをお聞かせください。

暮らしを楽しむ
空気がうまい家