驚きの事実!安い服には安いだけの理由がある!

知られざる住まいの真実
九谷田 義之

不動産・施工に関するお金に詳しい人。同じ費用をかけるなら本当に重要なところに費用をかければいい。削減できるところは削減も惜しまない。なぜかお客様の子どもに愛される。

九谷田 義之をフォローする

リフォームや新築をするにあたり、もう少し安い方がいいなぁと思ったことがあるかもしれません。

社会的には、ローコスト住宅という言葉も当たり前のようになってきましたから、その色は更に濃くなっていくでしょう。

ですから、とにかく安ければそれでいい!というのであれば、ローコスト住宅をおすすめしますが、そもそもなぜ安くできるのか?という事は、あなたも知っておいた方がいいでしょう。

住まいそのものの話もしますが、アパレル業界の話を元にものの値段について考える機会にしたいと思います。

1000円のTシャツがあるかと思うと、5000円、10000円もするTシャツも存在します。

では、1000円のTシャツはどんなものでしょうか。

そして、それらはどうしてそこまで安くできるのでしょうか。

 

いい服も欲しいけれど、お財布が厳しいから我慢しているんです。

世の中には、いい服がたくさんあります。

感覚的にいい服は格好いいし、丈夫だろうなぁ…と思うことでしょう。

ところが、それを買うだけの経済的余裕がない。

いや、正確には、勇気がないのかもしれません。

10000円もするTシャツがいいのは分かるけれど、1000円、2000円程度のTシャツだってたくさん出回っているわけですから、それで十分ではないか?

そんな気持ちにもなるのではないでしょうか。

こうして、記事を書いている私だって、10000円もするTシャツをポンっと買うには勇気がいるものです。

ところが、アパレル業界で仕事をしている方が先日、私のところに来てこんな話をするのです。

 

普通に考えたら綿100%の服が1000円って変でしょ!

彼は、Tシャツが店頭で販売されるまでの流れを考えてみたらおかしいのは分かるというのです。

綿花が育てられるところから、店頭に並ぶまでの経路です。

別に専門的な知識がなくてもイメージで考えてもおかしなことが分かるというのです。

本当は、Tシャツにしても、この間に商社などが介入しているので、もう少し経路は複雑になるそうですが、それを省いたとしてもおかしい点があると彼は言うのです。

Tシャツを店頭で販売した利益と、運送費を差し引いたらいくら残る?

売れ残った場合、セールとして20%引きにしても利益が出るような価格設定がされるのが一般的だそうです。

そうなると、ほとんど儲けを出さないような価格設定をしても仕入れが600円くらいになります。

そこに、運送費も含まれていますから、Tシャツが出来上がるまでにかけられるコストは500円を切るそうです。

さらに、ここに問屋や商社が入ってくると、原価はもうほとんどないような状態。

Tシャツというものとして重要な過程「綿花を育て縫製する」までに費用がかけられないことになるのです。

 

安く働いてもらって、とにかく大量に生産しよう!

安くするために、海外の労働力を使うことになります。

安い賃金でしっかりと働いてもらい、綿花も大量に育てるという戦略です。

ところが、植物というものは、地球上の生命のバランスも考えて生息していますから、たくさん植えたからと言って、たくさん育つものではありません。

ですから、たくさんの薬品を散布しながら、なんとしてでも大量の綿を収穫することを目指すのです。

綿花の栽培が主に行われているインドでは特に悲惨な状況で、現地の人々の健康・命さえ奪われているような状況だったと彼はいうのです。

こちらの記事も参考になります。

インド綿花産業と農薬
害虫を殺すべき農薬が、農民たちを殺している。そんな現実が、インドの綿花農家にはあります。

 

薬剤だらけの綿で作った服が丈夫なわけがない!

たくさんの綿を採るために、なんとか無理矢理に綿を育てる訳です。

人間もなんとか生命を落とさずに、病気をしないように薬を大量に使って成長させるとどうだろうか?なんて思うと少し恐ろしさを感じました。

きっと、健康的で心も元気な人にはならないでしょう。

彼は、さらにこんな話をしていました。

無理矢理育てたような綿が丈夫であるはずがない!って俺は思うけれどそれは感覚的な話かもしれません。でも、実際に現地では、大量に撒かれる薬剤が原因で、病気になり死んでいく人もたくさんいるのです。

そういう服を着て、自分は安くでものを手に入れた!ラッキーって思いたくありません。それに、肌が荒れるとか、アトピーになるとか、意味不明な湿疹が出るとかって、そういう服にも原因があるはずですよ。

俺は、娘にはたくさんの服を買いませんが、いいものを買って着せています。

確かに、安いTシャツは1年2年もすれば、縫い目に問題がなくても、布が伸びて着れなくなるものが多いです。

ところが、いいものは、10年使っていても何も問題はありません。

 

少しずつでも質のいいものを選ぶ習慣をつけていくべきです。

最近は、「環境を守る」とか「エコ」という言葉が当たり前に使われるようになってきました。

これは、社会的にみても大きな進歩だと思いますが、まだまだ課題は多くあります。

今回の綿の話でも私たちにできることはあります。

「人の命は大切だ!」「環境は大切だ!」という前に、Tシャツ5着のうち1着をいいものにする。

これをたくさんの人がしていけば、とにかく安くで綿を育てろ!っていう風潮は抑えられるかもしれません。

中には、そんな贅沢なことをする余裕がない…という方もいるでしょうが、長い目でみると、いいTシャツを購入して、あなたが得られるメリットはふんだんにあるのです。

  • いいTシャツが着れる自分って幸せだと思える感覚
  • いいものを買ったのだから大事に使おうって思えること
  • アレルギーや謎の湿疹などの心配がない
  • 買いにいく時間や手間が減る

もしかしたら、まだまだメリットはあるのかもしれませんが、私は何より、いいものが着れていることに幸せを感じることが特に大きなメリットだと思います。

確かに、安いTシャツを手に入れた時は、ラッキー!って思うのかもしれませんが、それを着る度にラッキーって思うでしょうか。

いいTシャツは、袖を通す度に「やっぱりいいものはいいなぁ」と感じることができるのです。

 

いいものを選べば経済的にも絶対にお得!

あなたがもしいいTシャツを購入したなら、何年くらい着用するでしょうか。

もちろん、使用頻度によって耐久年数は大きく変化しますが、5年以上は使えるはずです。

安いTシャツを毎年たくさん買い込むと、トータルでの出費はその方が大きくなることは予想できます。

また、安い衣類が原因で、アレルギー反応が出て、病院に足を運ばれるケースも見られるのです。

病院に行く時間、病院での出費、体調が優れないことによる仕事、勉強の効率ダウン。

これらをトータルにみて、お金に換算するととんでもない損害を負うことになるのです。

 

住まいについても安いものには安い理由があるのです。

私たちは、空気がうまい家を施工しています。

「もっと安くで施工できないの?」という事も言われますが、ローコスト住宅ほどの低価格では、絶対に住まいを提供する事はできません。

壁も必ず漆喰を塗っていますから、その分手間暇がかかるものです。

使用している木材、音響熟成木材にしても木材の乾燥は38℃程度で乾燥させていますから、当然、その分、時間も要してしまいます。

そのためにコストはかかるのですが、生活をした後のコストは全く異なります。

 

全国に空気がうまい家は点在していますが、そこで暮らす方々は、芳香剤を買う事はありません。

また、アレルギーやアトピー、シックハウスに悩まされ、通院していたのが嘘のようだと言われる方もたくさんいらっしゃいます。

そして、木材そのものが経年とともに変化をしていきます。

ワックスなど塗らなくても、ちゃんと艶が出てくるのです。

そして何より、気持ちのいい空間にいる快適さと喜びが常に味わえ、来客にも喜んでもらえる空間になるわけですから、常にあぁやっぱりいいものはいいなぁ…と思えるのです。

 

最初は高級で買うのも勇気と根性がいるTシャツのメリットと全く同じだと思うのです。

九谷田 義之

不動産・施工に関するお金に詳しい人。同じ費用をかけるなら本当に重要なところに費用をかければいい。削減できるところは削減も惜しまない。なぜかお客様の子どもに愛される。

九谷田 義之をフォローする
LINE@でさらに住まいを知ろう!

本当にいい住まいってどんなものでしょうか?
実は、その答えをあなたは知っているのです。
私たちは長年住まいとともに生きてきたのですから。
ところが、近年、私たちは目先の技術に目を奪われ、原理原則のようなものを見失ってしまったのです。
LINE@では、忘れかけた原理原則を元に、情報をお届けします。せっかくの住まいだから、正しく学び、体で感じてから選びたい…そんな方はお楽しみいただけるはずです。

知られざる住まいの真実
空気がうまい家