【新型コロナウィルス】貿易から私たちのくらしを守る工夫

暮らしを楽しむ
スポンサーリンク
渋谷 浩一郎

住まいと人の成長は深い関わりがあるのか?そんなことを追求する。住まいとアレルギーやアトピー、学力との関係にも注目している。現在、国内外の子ども達と関わりながら、住まいに関する書籍や冊子などの連載も行っている。要するに住まいのオタクである。

渋谷 浩一郎をフォローする

2020年3月24日現在、残念ながら新型コロナウィルスの勢力は依然と強いままの様に感じます。

春休みに海外旅行を計画されていた方も中止を考えたり、反対に海外から日本に訪れる方も激減してしまいました。

通常ならたくさんの観光客で賑わう京都駅も随分人通りが少ないように感じます。

こうした事態になって改めて私たちの暮らしは、海外とのやりとりによって支えられてきたことを痛感します。

この機会に、貿易を通して、外国から流入する病気・虫などからも守られてきたことを再確認しておきたいと思います。

コロナウィルスに限らず、様々な菌や虫から日本を守るために輸入されるものには、全て厳重に管理されている。

これについて、もう少し詳しく解説します。

 

コロナウィルスは感染力が強い!だから国がとった対策は?

コロナウィルスの感染力が強いために、様々な対策が日本でもとられました。

この対策が早い・遅い・適切かどうか…それは様々な意見がありますが、直近では次のような対策が出されました。

3月22日
米国全土への「不要不急の渡航中止」を呼びかけ
3月23日
安倍首相
「米国からの入国者に14日間の待機と公共交通機関の使用自粛要請へ」
「東京五輪、完全な形での実施困難なら延期の判断を行わざるを得ない」

当然、コロナウィルスは人に直接的な影響を与えるために、こうした対策がとられ、メディアも繰り返し報道してくれています。

ところが、私たちの生活は、輸入に支えられているため、日々「輸入されたものと一緒に害虫・菌」が国内に入らないように厳重に管理されているということも忘れてはいけません。

 

例えば、日本ではほとんど収穫できない香辛料。

その多くを輸入に頼っているのが現状ですが、あの小さな香辛料にさえも日本を守るために次の様なことが行われています。

日本で流通している香辛料の99パーセントは輸入されたものであり、生産国で栽培、収穫、天日乾燥される過程で菌や害虫の汚染は避けられず、しかも、収穫前から香辛料と共生状態にある菌の数も著しい。現状では、高圧蒸気処理により殺菌を行っているが、この方法によると香辛料の香味が低減するばかりでなく色調変化が著しく…

神戸商工会議所・香辛料の殺菌方法の見直しより

これは、香辛料の風味を損なわないように殺菌方法の変更を求める文書の一例ですが、殺菌をすることで、国内の安全を確保しようと、法が定められていることが分かります。

本当に自然であるものに囲まれて暮らしたいです。

空気がうまい家(マンション)

空気がうまい家(マンション)

この様なブログを運営していると、次のようなメールを様々な方からいただきます。
子どもが化学物質過敏症なのか、シックハウス症候群なのか詳しく分かりませんが、新しい家で生活を始めると、せき・痒みが出てしまいます。
住まいが原因かもしれないと思って、様々な会社の住まいを体感しましたが、やっぱり子どもは反応してしまいます。どうしていいのか分からず、けれども何とかしたいという気持ちで調べていたところ、こちらのブログに行き着きました。
(大阪府 Tさん)

今回は、Tさんのメールの一部を抜粋しながら紹介しましたが、この様なお問い合わせはたくさんいただきます。

こうした方々にとっては、輸入された木材(特別加工がされていないもの)も輸入の際の消毒・殺菌に使われる薬剤などが刺激になってしまうのではないかと思うのです。

この様な点を踏まえると、「輸入された木材は無垢材ではない」と私たちは考えています。

つまり、自然のあるがままの姿で輸入されるものは、とても少ないということです。

また、こちらの記事もお読みください。

そもそも無垢材とは?フローリング販売店の営業マンも知らなかった真実
無垢材とは?様々なところで何となく使われている言葉ですが、建築の業界内でも様々な解釈がされています。この違いによって健康などにも大きく影響する場合があります。実際の体験を交えながら解説しました。

 

こうして輸入というものを見ると、生活を豊かにする側面もありながら、様々な課題もあることが見えてきます。

コロナウィルスの終息を願うことはもちろんのことですが、この機会に、輸入品と私たちの暮らしというものも見つめ直したいと思います。

 

まとめ

空気がうまい家

空気がうまい家

新型コロナウィルスの広がりを機に、私たちの生活を見直してみました。

人の出入りがもとで感染が広がるということはとても分かりやすいですが、実は輸入品によっても、虫や菌が広がることもあるのです。

  • 輸入品と共に虫や菌が国内に入ってくるのを防ぐために、厳しい検査・処理が行われている。
  • そのため、なかなか「自然のまま」という輸入品は少ない。
  • 人によっては、法で定められた殺菌処理などが行われた薬剤に反応してしまうことがある。

貿易によって私たちの暮らしは飛躍的に便利になりましたが、それとは引き換えに失いつつあるものも見えてきた様な気がします。

コロナウィルスの広がりはとても残念なことではありますが、こういう時でも力強く生きている山の木々をみながら、このピンチを乗り越えていきたいと思います。

 

こちらの記事も輸入と深い関わりがあります。

ヒアリの特徴は進化!ヒアリの日本上陸から私たちが学ぶべきこと
ヒアリが日本に侵入したということで環境省は注意するよう発表しました。一体、ヒアリはどんな特徴をもっているのでしょうか。その驚異的な性質から私たちが学ぶべきこととは何でしょうか。ヒアリは大切なことを私たちに教えてくれているように思うのです。
スポンサーリンク
渋谷 浩一郎

住まいと人の成長は深い関わりがあるのか?そんなことを追求する。住まいとアレルギーやアトピー、学力との関係にも注目している。現在、国内外の子ども達と関わりながら、住まいに関する書籍や冊子などの連載も行っている。要するに住まいのオタクである。

渋谷 浩一郎をフォローする
 

私たちが施工している空気がうまい家の施工事例をこちらで紹介しています。

施工事例を見る


(株)ハウス工房では大工さんを募集しています。

詳しくは、以下のページをご覧ください。

ハウス工房にメールを送ってみよう

本当は、自分も子どもにも
もっと自然に触れながら生きて欲しい。
そんな願いをもった方と仲間になれたら嬉しいです。
私たちは小さな工務店ですが、
施工する・しないよりも、
「自然を見る」大切さを伝えていきたいのです。

友達にちょっとおしゃべりをするかのように
ブログの感想やあなたの考えをお聞かせください。

暮らしを楽しむ
スポンサーリンク
空気がうまい家